人気ブログランキング |

カテゴリ:サンカルロス大学( 13 )

Pre final




Mid-termを終えて、今はFinalに向かっております。

Mid-termを過ぎて、成績がでるのですが
パスできたのでそのまま授業を受けれます024.gif

Finalではクラス全体でひとつのバラエティーショーをやることに。
Singing / Dancing / Acting / Speech choir
などのパートにわかれて発表します。

いやあどうしようと思っていると
いつもTake careしてくれるGerlieが
「なにやりたいの?じゃあ、ジョン(優秀で人気者な男の子)のチームに
一緒に入れてもらおう!」
と誘ってくれて

Singingのチームにいれてもらいました。


フィリピン人ガチで歌うまいからがんばろう!

こうやって座学だけでなくインタラクティブなアクティビティーがあって
楽しいし、そのアクティビティーをやるために
しっかり覚えたりしないといけないので座学の知識も体得できて
よいなあと思います。


私の大学の授業もこうだったらいいのにな。
毎日テストで大変だけど。。














by hiroshihuzioka | 2015-02-13 10:08 | サンカルロス大学

Talented!!



きのうはサンカルロス大学で授業だったのですが、
毎回テスト。テストです。

まずはOralのテストで、
決められた文章をヘッドセットに向かって読み上げ
教授がmispronunciationをチェックし採点。
mischievous Entrepreneur deteriorationとか
まあ、読みにくい、間違いやすい単語が含まれておりました042.gif

そのあと、前回からいわれていたとおり、
プレゼンテーションの発表!

ペアになり、1つの商品を紹介するというもの。
私のペアはギターが得意でちょくちょくギターを持ち込んでいる男の子。
この男の子はときおり私との会話にCebuanoを取り入れてきます。w

「Okay ah ako,,a,, I will say...」
「Kanang,,,」

そんなこんなで、ランダムにペアがあてられ、プレゼンがスタートしたのだけど、
はじめから驚かせられました!


1組目のチームはジュースの紹介だったのですが、
もうほんとのCMみたいな演戯っぷりで、
すばらしかった!

あんなにぺらぺらおしゃべりに、きれいな発音で
かつ見てる人をあきさせなくて、本当にフィリピン人すごいなって
見直しました!


そんでnervousになりながらもわたしたちの番。
わたしらはコーラを宣伝するということで
ショートコントてきなのをやりました。笑

フィリピン人にまけじとオーバーリアクションで
やったら、普段おとなしそうなわたしがしたからか
ウケをとれました安心。笑
教授もわらってくれた!w
パートナーのGianにも感謝。




ほんと、大学の子達発音きれいで
おしゃべりであこがれる!!


やっぱすごいよフィリピン人。


Entertain精神!歌!ダンス!
すごい!














by hiroshihuzioka | 2015-02-05 11:31 | サンカルロス大学

中間テスト



きのうはサンカルロスの中間テストでした。

わたしのクラスは発音のクラスです。
/I/ /ɝ/ /O/ /ʌ/ /ə/ /æ/
など、Phoneticsを学びます。

テストではVowel triangle, Vowel reduction, World Englishesなど
授業で取り扱ったものの単語の穴埋め、
RomanAlphabetとIPAのちがい
発音記号をかくもの、/s/ /z/ /IZ/をあてはめるものなどなど。


自習ではぜったいやらないからこれを機に勉強できて
よかった!

テスト前に勉強してたら
クラスのおもしろキャラ的な男の子に驚かされたんだけど
「Weeeee」とかいっちゃって、
最近ほんとフィリピン人。笑


先生にも反応がフィリピーノだ、とか
フィリピン人みたい、日本人はそんなことしないとかいわれます。。。笑


Immersionできたってことかな?笑



そういえばじぷにーが8P→7Pになりました。














by hiroshihuzioka | 2015-01-22 11:24 | サンカルロス大学

News Report



やはり、休み明けから大学のクラスの子となかよくなれててうれしいです。

この日はニュース番組をまねてニュース記事をよむことで
その発音の正確性、創造性、ユニークさなどが評価されるプレゼンの日でした。

FaceBookのメッセージでグループの子達が打ち合わせしてくれたんですが
なんとすべてヴィサヤ語www

この日からちゃんと黒のスキニーはいて登校。
なにも言われずにすみました:D

とりあえず早めにきてねってことだったので
はやくいってもいたのはグループリーダーのアイラだけ笑

アイラは大1をマニラですごし、大2の秋の去年の11月に
サンカルロスに編入したそうです。
まさにわたしと同期。


アイラは月・水9:00~18:00、火・木・金13:00~18:00
とみっちり講義をうけてるそうで、
専攻は会計で、分厚い本を持ち歩いています。
しっかり勉強しているなあ。

アイラはこのクラスがあまり好きじゃないていってました。
なんで?おもしろいじゃん!っていったら
「確かに面白いし飽きないよ、だけど小学生のときから
こんな感じのよくやっててStory of my lifeとかIntroduce myselfとか
シャイだからやなんだよね。NewsReportとかもOver actingだし。」
って。
フィリピンでは小学生のときからこのようなスピーキングのactivityが
豊富なんだな~。そりゃ上手い。

で、授業のNewsReport.
皆それぞれ、音やスクリーン、パワーポイントをつかって
ニュース番組のように発表しています。

ShoWBizニュースだったらすごいそれらしくやっていたり
Weather Forcastもおもしろくやってて

やっぱフィリピン人すげーわ。笑


なんかなぞに皆くるくる回って登場してNewsReportしてたり
面白かった。笑


わたしは読むのに必死で、あまり目線をくばれなかったし
おもしろみありませんでした。反省。


いまのとこ、どのテストでも7~8割程度で微妙です。w

クラスメイトのクリエイティビティー見習います。

恥ずかしがっていたアイラも、堂々と読み上げ
満点とっていましたw



そんな感じで、来週は中間試験なのですが
なんと試験料はらわなきゃいけないらしい。omg...

やるからにはしっかり復習して臨もう!

ほんとに毎回テストばかりでドキドキです。











by hiroshihuzioka | 2015-01-15 11:49 | サンカルロス大学

After a vacation




クリスマス~新年と2Weekのお休みあけの授業を受けてきました。

ワンピースやショーパンでいったらことごとく
エントランスの警備員に注意され、

毎回「I'm a special student, so I didn't know that rules. I'm sorry, next time surely.

とかなんとかいったり、

裏のゲートから警備員の目を盗んではいっていたけど

さすがに毎回気にするのは疲れる!てことで

先日Forever211200ペソするGパンをかったのに!

No no no mom Your jeans mom
(フィリピン英語はこんな感じです。笑)

You are not allowed to enter with your tattered pants.

Tattered=ボロボロの

4つのダメージ加工なのに!たった4つの!!!


しかもわざわざかって、学校の前に着替えてきたのに。
引き下がるわけにはいかん。


なんとか説得して今回のみ許可され

次回同じ格好できたらID没収するからね

とかいわれたーむかつくー。(自分が悪い)

て わけで高校生みたいなルールな大学です。

しかも金髪とかもダメらしい。

以下がダメなもの。
 Sandals
 Slippers
 Sando/sleeveless shirts
 Shorts (except during intramural games, sports fest and PE
classes)
 Tattered pants or clothes
 Long hair and dread locks
 Tattoos

キリスト教の大学だからでしょうか、厳しいです。


仕方ないからズボンかわなきゃ。ハア。

こんなんアウトですね。笑


f0333220_10445790.jpg
(画像元:http://www.celesy.com/image/contents_image/607.jpg)




そんなこんなで教室にいくと、

クラスメイトが話しかけてくれます。

休み前より、だいぶなじんできたので仲良くなれた感があってうれしいです。


なかでも話しかけてきてくれたKeyは大の日本好きらしく、
熱く語ってくれました。


「I really like Japan. I have a friend who is half filipino and half Japanese, she's so cute and her voice is how do I call this.. so amazing really.. I mean cute..I like..」
めちゃくちゃマシンガントーク!w



私も話さなきゃと質問いれたり、フィリピン人のかわいさを伝えました。

話してる時、ああこうゆうのが英語力のUPに大事だなと思いました。
Talkativeになることは語学力UPに大事ですね!

最近思います。

Talkativeでなくてもフィリピン留学ではみっちり朝から夜までマンツーマン授業があるので、ほんとスピーキングに向いています。

そのKeyがよんでいるファッションブロガーが日本すきらしくそれにも影響されているそうです。
ブログ教えてもらってみたら、
外国人からみた日本の写真、なんか素敵でした。
みてみてください⇒Tricia Gosingtianのブログ



Keyが味噌ラーメンがすきなんだ、おいしい日本食のお店しってる?って話になって、ここでわたしが作って上げるよ!とかゆう行動力をもっていればよかったと後から思いました。w



授業では8人グループになって、次回のプレゼンの準備をしました。
内容は「NEWSCAST」
テレビのニュース番組を擬似して、1人1人ニュースを伝えるというもの。
そのなかで発音の正確性などをチェックされます。

グループで話し合うときは皆ヴィサヤ語(セブの言葉)をしゃべります。


こうゆうとき悲しくなります。すこし。笑

だから質問してわたしのやるべきことを把握します。
1人のこが話し合いのあと私のところにきて説明してくれてうれしかったです。


最近Pinoy(フィリピン)の笑いがわかってきたのか
授業中、皆が笑うタイミングで自然と笑えます。笑


性格もずうずうしくなって
聞き返す時もアホみたいな顔して口あけて「あ~??」っていうようになったし
TシャツにGパン姿で、
日々フィリピン人にますますなっています。



そういえば街はSINULOGフェスティバルの出し物(Tシャツや名産のギターなど)であふれていました。












おわり








by hiroshihuzioka | 2015-01-08 11:48 | サンカルロス大学

授業@サンカルロス大学12/1-12/10



最近、大学のレポートしていなかったので、また再開します。

12/1,3,8,10とありましたが
大学があったのは12/3,10でした。

3日はテキストにそって発音練習と、
小テスト(ペア)

小テストの点数が悪いと教壇で歌わされます。。。

フィリピン人皆うまいからほんとにやだよね。w

ペアの子が優秀なおかげで、まだその場にさらされたことはないけど。。



10日は「Story of my life」をレポートで原稿2枚提出と
暗記して前で発表。2分間

レポート原稿では、文章のしたに発音記号をかきます。
[ae] とか [g] とか。。。地味に超めんどくさかったです。。w



発表では
1.発音の正確性
2.原稿をどれだけ暗記しているか
3.すらすら自然か

など評価されます。。


皆ランダムにあてられ、発表。


わたしはどうやったらエッセイがうまくなるんだろーってすごい思いました。

いつまでたっても稚拙な文章、ありきたりの文法しか使えない、、、


いっぱいエッセイを読んで参考にしてマネするのが効果的かなと思います。



皆の発表は

「1992年12月10日、ミンダナオ島の田舎町で私は神に生を授かりました」とか
なんか小説ぽかったり、

「I believe that Life is like an airport. Always changing; People leaving and entering my life.」

とか格言をそえていたり


皆の発表が勉強になります。



私も発表しましたが、時間切れ!


なかなか難しいです。



もちろん皆が皆優秀なわけではなく、

なかには45秒でおわっちゃうこや、

ぼそぼそ小声の子、いろいろです。


でも毎回思うのは

フィリピン人も日本人と同じく英語が母国語ではなく、
英語を学ぶ身なのに、なんでこんなに発音がきれいでうまいんだろう



あとダンスとか歌がうまいし

日本人よりおもしろい。


ぱっとできる技術をもっているのはでかいですね。









4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学
by hiroshihuzioka | 2014-12-15 13:31 | サンカルロス大学

11/26授業@サンカルロス大学



この日はVowel Triangleの例にあたる単語を発表していって、
ペアで、その母音を使った歌詞を考えて発表といった内容でした。


どうやら中間試験かなんか歌かダンスの発表らしい?
歌はわかるけどなぜダンス?笑

フィリピン人皆歌うまいからな~~。

友達できてきてうれしいです。

この日は校内散策して、図書館にいったり
教会みてきました!立派だった。
f0333220_13442826.jpg
f0333220_13443448.jpg

図書館も勉強スペース充実しているし土曜日ここに来るのもありだな~~!

図書館で爆睡してたら暗くなってしまい、外でたら雨でジプニーなかなかつかまらず大変でした。
帰宅ラッシュですね。

大学のトイレは汚かったです。
やはり、日本の大学の施設すばらしすぎる。。


日本の大学のありがたみを感じました。


次回の授業で3つの主要母音のテスト!








by hiroshihuzioka | 2014-12-01 13:32 | サンカルロス大学

11/24授業@サンカルロス大学



月曜日。大学の授業です。

今日は初の、教壇にたってマイクでプレゼンテーションのテストの日です。

内容は「Introduce your partner」
2人1組になってパートナーの子を紹介します。

・Background
・Interest
・Goal in life
について3分間話します。

評価はLanguage use, delivery, presenceなどでトータル20ポイント。

私はパートナーのShellaとFaceBookのMessengerを使ってテストに備えていました。

先生がランダムにペアを指名します。
私たちは2番目に当てられました。

Shella の「Konnichiwa!」
からはじまり、わたしは「Maayong Hapon」(こんにちは)からはじめました。

黙りこくることもなくスラスラと暗記した文章を身振り手振りも使って説明できたかと思います。

犯したミスといえば「awesome(オウサム)」を「アウェーサム」となぜかいってしまったこと、、、
目立ったミスだ。。


なんとか自分らの発表を終え、他の人の発表をききました。

驚いたのがそのユニーク性!

「HELLO!!THIS IS CEBU"S TOP TV SHOW!!」
とかテレビ番組のMCになりきってみたり、モデルウォークしたり。。ラップしたり、ボクシングしたり、、?


ああ、私のプレゼン もっともsafty wayであり、もっともboringだったなあと、、w


「He likes eating anything that can be eaten」
「As you know know, She's the next top model!!」
とか本当おもしろかったです。

しかも皆英語の発音ちょーきれいだしね、、、
かっこいいな

あと、授業の前に皆にGwapo(イケメン)Gwapoいわれている男の子がいて
ある子が写真一緒にとって!とまでいってた子がいて、
確かにイケメンだな~って思ってたら
その子のプレゼンでペアのこが
「He is interested in boys」といっていて
あー、フィリピンだなあと思いました。

ちなみに後でFaceBookをみてタイムラインにそのこの写真がシェアされていて
サンカルロス大学のミスターコン候補者であることを知りました。w

いやーフィリピンあるある。。


話を真面目に戻すと
みんなの将来の夢はCPA(公認会計士)とか弁護士とか夢が明確で、
その理由は
「成功者になって家族をサポートしたい」とかFAMILY-ORIENTEDなフィリピン人を感じました。
素敵だなあと思います。


夢ねえ~。。



というかどうやらこのクラスは発音にフォーカスしたクラスらしく
皆で発音の練習しています

もちろんプレゼンとか発言もします。


大学楽しいです。授業。


















by hiroshihuzioka | 2014-11-25 12:27 | サンカルロス大学

11/19 授業④@サンカルロス大学

f0333220_09390002.jpg

自分の授業記録になってきていますが、
どんなことをやっているのか私も気になっていたので
そういう人がいると信じて書き続けます。

今回は4回目の授業。

学校につくなり、Gerlieが
「Yuri~テスト勉強してるー?」
と話しかけてくれました。

そう、今日は前回の授業の復習テストがあるようで
The difference between Phonetics and Romanという表を
ぶつぶつ唱えて覚えていました。なんだか高校のテスト前のようです。

いざ授業!

テキストからテストするのですが、
テキストをまだ入手できていない生徒が大半ということで
2人組ペアになってテストすることに。

私のペアは1番始めにペアになったShella.

テストは
World Englishの論文の著者は?
英語が話されている国を3つの円で表していたが何と言う?
AmericanEnglishとBritishEnglishのちがいは?例?
という一問一答的な問題と、

PhoneticsとRomanのちがいの
テキスト丸写しの回答をかかなくてはいけない問題!


ほとんどShellaがやってくれました。ありがとうShella.

そしてまじめなShellaは一問ミスっただけで相当ショックそうでした。

全文暗記すごいな。。

でもこうゆう詰め込み学習が、あとで考えや意見をのべるときに
役立つものだからしっかり取り組もうと思いました。


で、発音記号についてヘッドフォンで音声をききながら学びました。

つまんなそうだけど、いちいち指名されて発表したり、
かなりinteractive だから楽しいのです。

お調子者キャラな生徒とかきゃぴきゃぴ生徒とかいろいろ
観察しててたのしいし
授業中にその子先生に冗談かましたりしているんだけど
これが意外とおもしろくて
なんかフィリピン人かわいいなーハッピーだなーって
幸せなき持ちになります。笑


友達もまた増えてハッピーです。

来週はペア同士で、ペアの子の紹介をするという
スピーチテストがあります。

うまくいえるようがんばります!









by hiroshihuzioka | 2014-11-20 13:16 | サンカルロス大学

11/17授業@サンカルロス大学



11/17(Mon)
サンカルロス大学での授業3回目です。
f0333220_10461957.jpg
今週から本格的な授業です。
f0333220_10462450.jpg
f0333220_10463436.jpg

前回のAssignmentの回収から。。
Assignmentは「World English」についての記事・論文をみつけて
Reflectionを書くというもの。。

集める時に、隣の席のGerlieに
「大丈夫?課題もってきた?これ、紙がちがうよ」

皆、同じ紙にやってる!私だけ紙のタイプちがうやん!!

G「先生に事情を話して許可をもらいな」

Gerlie、なんてtaking care of meしてくれるんだ。。

先生も今回はこの規定の紙でなくてもOKということで安心。。

そして先生が生徒を指名して、
「君は何について調べてきた?何を学んだ?」
ときいていきます。


そうすると何やら”カシュー”というインド人の学者が~、と
皆いっています。。。「え?」

どうやら私のやった課題はだいぶ要旨がずれていたようで、、


先生はKachruのWorld Englishという論文を読んでほしかったようで。。

私も指名され、私の読んだ、英語が世界言語なわけ・インドを例にいかに経済発展に役立つか、という論文の説明をしましたが、
先生もきいてくれましたが、なんとも薄っぺらいことしかいえませんでした。。。


Kachruの論文は
f0333220_10304122.png
英語を話す国の状況は3種類あって
L1=Inner circleは英語を母国語としてしゃべっている
(America,Britain,NZ,AUS,Canada...)
L2=Outer circleは英語を第二言語としてしゃべっている
(India,South Africa,Philippines)
L3=Expanding circleは英語を外国語としてみなしている
(China,Japan,Korea,France,Spain...)

3つのタイプの特徴について 述べているものでした。



全然ちがうやん、はずかし~~。。。


そんなこんなで授業が始まり、

この日からはテキストを使って、かつ発展した話をしてくれました。

テキストはPhonetic/Romanでの表記のちがい
AccentとPronounciationのちがいなど
言語について考えるものです。

やっていることはつまらないかもしれないけど
(日本で受けてたら寝てたw)
先生も生徒もinteractiveで眠くなりませんし
楽しいです。なるほど~~ってなります。

しかも私がクラスで日本人1人なので、
ちょくちょく指名されます。(ありがたいです)

この日は「何か日本語の文章かいて、英語、セブワノとの違いを
考えよう」とかいわれ皆の前でホワイトボードに例文をかいて
説明しました。
f0333220_10460004.jpg

そんなこんなで授業は終わり(この日はしっかり1時間半やりました、やはり本格的に履修登録もおわったからかな?)

次回のセッションで本日やったことのテストをするらしいです!

ひー








by hiroshihuzioka | 2014-11-19 10:48 | サンカルロス大学