Bantayan その3


みなさんあけましておめでとうございます058.gif

全然正月な感じしません、かんかん照りのセブです。

セブは1~5月が夏ということで、1/1はお日様ぴかーーーって感じでした。

Bantayanのつづき。

はやめに港につき15時半の船にのれる=はやめにセブシティーに帰れる!
とうきうきで皆でダッシュして船へ!!

もう、人は乗り込みおわり、車や豚が積んである狭いところをはいり
無理やり船にのりこむ。

席につきホッとしていると
さわがしいおっさんらが
なんかここからでてけ!!!的なことをいっている。。


「ここはスタッフ専用の席だったのかな?」
といわれるがままについていくと


あれ?船から降ろされている。


皆の列についていっただけなので何が起こったのかわからない私。


そこにバイクをみて、バイクのおっさんらだときづく Σ(゜゜)


状況がわかった。

バイクのおっちゃんたちは、われわれがバイクに傷をつけたと言い張っているのだ。




バイクはもとから ペダル?が半分欠けていてすごいダメージあったのに
その傷をわれわれがつけた、といいはるのだ。


いやいやいや
WE DIDNT HAVE ANY ACCIDENTだよ、っていってんのに、


いざこざになり、


いや明らかお金ほしーだけだろってなって

もういいよ!船のろ!って船にのりこんだけど、


まだ何人か口論につかまってしまっていて、

船が港から離れつつあるときに、ジャンプして港に戻ることに。。



結局 バイクのおっちゃん会議にかけられ、

バイク真ん中におっちゃんらとなぞの日本語がちょっとわかる女、
ミニおばさんらと井戸端会議。


おっちゃんたちはそんなに英語がわからないから、
You damagedと繰り返す。

じゃあいくらほしいんだ?とたずねると

「3000ペソ。discountして3000ペソ」


discountって何だよ!ふざけてんのか!笑



ミニおばさんは「彼らはover pricingしてる」といっていたので
「でしょ!じゃあそれ彼らに伝えてよ!」っていったけど
笑いながら「むりむり」という・・・笑



すこし離れたところにいたお店のひとに
「こういうことは普通なの?」
ときくと
「普通じゃない、めずらしいよ」
といっていたという



完全クリスマスだからお金がほしいのだろう。。


仲間の1人がその一部始終をしっかりムービーでとってくれていました。
きっとヴィサヤで「とっちゃえとっちゃえ」とかいってるんだろうな。
証拠証拠。



こんなことがあったので、
バイクを借りる際は



事前にダメージの確認、写真をとっておくのが大事です。



確認といっても忘れた、とかいわれるから
形に残るもので記録をとっておくことですね!


大事大事。




もう一生いかないであろうBantayan.

ちなみに私のiPhone盗んだやつの出身もBantayan.









by hiroshihuzioka | 2015-01-02 10:49 | 日常
<< Happy Birthday Bantayan その2 >>